« 東宝ミュージカル「シェルブールの雨傘」評 | トップページ | 国立劇場文楽九月公演評 »

2014年9月10日 (水)

能・白翔会評

<見>白翔会の今回のテーマは「水・執念」。地謡・小野寺弘らによる重みのある連吟「求塚」で始まり、続く連吟は中山清野ら女性地謡陣による清らかなる「砧」。
 脇能は薬泉を讃える「養老」。坂井音雅が樵翁・山神で、楊柳観音に坂井音隆、樵に坂井音晴。勅使は大日方寛。颯爽とした山神、慈愛の観音でさわやかな祝祭劇になった。
 狂言は「空腕」。空威張りする太郎冠者に山本泰太郎、主人に山本凛太郎で若々しい笑いを生む。太郎冠者に臆病な部分の表現がほしい。
 休憩後、観世銕之丞の仕舞「熊坂」で再開。気を引き締めさせる豪快な長刀。
締めくくりは、会主・坂井音重が山科荘司とその霊を演じる能「恋重荷」。高根の花の女性に一目ぼれした菊守の恋の顛末。女性にもてあそばれた荘司の恨みは重く、深く、最後は一転、女御を恕し、守るに至る。崇高な世界を創り上げ、それは会全体を覆う。
堀川殿北ノ方に音晴、堀川殿家人に福王茂十郎、下人に山本則孝。
6日所見。
――国立能楽堂で上演。

« 東宝ミュージカル「シェルブールの雨傘」評 | トップページ | 国立劇場文楽九月公演評 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能・白翔会評:

« 東宝ミュージカル「シェルブールの雨傘」評 | トップページ | 国立劇場文楽九月公演評 »

無料ブログはココログ