« 焦点・藤本草・藤井昭子結婚披露宴 | トップページ | 焦点・坂東三津五郎の死 »

2015年2月23日 (月)

日本舞踊協会公演評

<見>舞踊協会公演の初日を見た。坪内逍遥の変化に富む作品を特集。長唄「新曲浦島」は、吾妻豊太郎、花柳貴柏ら男性舞踊家10人の素踊り。きりりと引き締まった群舞は大海原を表す。幕開きにふさわしい一曲。

 続いて長唄「鉢かづき姫」。水木扇升の姫、猿若清三郎の宰相で、恋のおとぎ話。

 常磐津「お夏狂乱」は、吾妻徳穂のお夏。清十郎恋しさから気がふれたお夏を、里の子にからかわれる前半と酔った馬士に出会う後半で、狂乱に変化をつけ、飽きさせない。恋に狂う女性の哀しさを全身で見せる。花柳昌太朗が馬士で存在感を示し、里の子を演じる子供たちもしっかりしている。

 長唄「お七吉三」は、市川ぼたんのお七に花ノ本海の吉三。ぼたんは所作、台詞ともに可憐で恋に落ちる娘の切ない思いがよく出ている。海も若衆らしい台詞で好感が持てる。

 最後の常磐津「良寛と子守」は、藤間章作の良寛と泉翔蓉の子守およし、坂東百々三の村男甚六。のどかな風景が浮かぶ。

20日所見。

――国立大劇場で上演。

 

« 焦点・藤本草・藤井昭子結婚披露宴 | トップページ | 焦点・坂東三津五郎の死 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本舞踊協会公演評:

« 焦点・藤本草・藤井昭子結婚披露宴 | トップページ | 焦点・坂東三津五郎の死 »

無料ブログはココログ