« 六月新派特別公演評 | トップページ | 六月歌舞伎鑑賞教室評 »

2016年6月 9日 (木)

六月大歌舞伎評

<見>三部制で「義経千本桜」。染五郎・猿之助コンビで瑞々しい通しになった。
第一部は「碇知盛」と題して「渡海屋」「大物浦」。染五郎の知盛は人物のさらなる大きさが要るものの無念の思いに満ち入水は豪快。まずまずの出来。猿之助のお柳実は典侍の局はお柳のしゃべり「日和見自慢」も結構だが、典侍の局に安徳帝守護の思いがこもり心を揺さぶる。2人が今月一番見応えのある演目を作った。。
松也の義経はひととおりの出来。品を出そうとしているせいか、声が高い。右近の相模五郎は後半の注進が優れている。勢いと共に芝居としても見せる。右近の子で初お目見得の武田タケルが安徳帝。長い台詞を素直にこなし、拍手を呼ぶ。猿弥の弁慶。この人は何でも器用にこなす。亀鶴の入江丹蔵。
 続く所作事「時鳥花有里」。梅玉の義経、魁春が龍田の神女のほか、染五郎、東蔵、笑三郎、春猿らで義経が神に守られ都落ちする様子を示す。にぎやかだが、前演目の迫力に押され、いささか影が薄い。
第二部は「いがみの権太」で「木の実」「小金吾討死」「すし屋」。
 幸四郎の権太。時代物役者だが老練の芸で世話の小悪党を巧みに作っている。「すし屋」のもどりでは芸格の大きさがある。秀太郎も年期の入った芸で幼い子を持つ権太女房小せんを演じている。遊女上がりのくだけたところを見せ、ならず者とはいえわが
亭主が帰ってきた喜びを漂わす。
 松也が小金吾で凛々しい若衆ぶりを見せる。
 猿之助が鮓屋の娘お里。弥助(染五郎)が雲上人の維盛と知らずに惚れてしまった悲しみをうまく出す。錦吾の鮓屋弥左衛門、右之助の女房おくらと共に愁嘆場を作る。
第三部は「狐忠信」と題して「道行初音旅」「川連法眼館」。
猿之助がお家芸の狐忠信。「吉野山」では染五郎の静御前を相手にきびきび踊る。花道付け根で華麗に衣装を替え、派手に引っ込んだ。染五郎の静御前は観客サービス。猿弥が逸見藤太で軽妙な半道敵。味も少し出てきた。
 「川連法眼館」は猿之助が狐忠信と本物の忠信。本物の忠信では生締物の颯爽さに物足りなさはあるものの、狐忠信はお手の物。親狐を思う情にあふれ、感動させる。宙乗りはうまく観客の心を高揚させる。葵太夫の竹本もいい。
 笑也の静御前は先代猿之助時代を思い出させ懐かしい。さすがに手慣れたものである。門之助の義経。
5日所見。
――26日まで歌舞伎座で上演。

« 六月新派特別公演評 | トップページ | 六月歌舞伎鑑賞教室評 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六月大歌舞伎評:

« 六月新派特別公演評 | トップページ | 六月歌舞伎鑑賞教室評 »

無料ブログはココログ