« 焦点・国立劇場の「日本音楽の流れⅠ―筝―」 | トップページ | 文学座「中橋公館」評 »

2017年6月22日 (木)

地人会新社「これはあなたのもの1943ウクライナ」評

<見>米国のノーベル化学賞受賞者でユダヤ人のロアルド・ホフマンが書いた異色の自伝的戯曲。川島慶子訳、鵜山仁演出。
 神と天使が人間界を俯瞰して見るようなコミカルなシーンのあと、場面は1992年米国カルフォルニアに。かつてウクライナから移住したユダヤ系のフリーダ(八千草薫)と息子で医師のエミール(吉田栄作)、そしてエミールの妻タマール(保坂知寿)たちの住む家に、第二次世界大戦中、ウクライナでフリーダや幼いエミールをかくまってくれた家族の1人(かとうかず子)が訪ねて来ることになり、フリーダは重い口を開き、ナチス・ドイツだけでなくウクライナ人やソ連人から迫害を受けた苛酷な過去を語り始める。
 八千草は第一次世界大戦以降を支配国が次々と変わり、そのたびに迫害を受けたウクライナのユダヤ人の悲しみを抑制の効いた演技で表現する。八千草らしい控え目な芸質は、かえって迫害への怒りを大きくした。適役である。
 人間の持つ限りない憎悪に暗澹となる一方、憎悪を英知で打ち破れと呼びかける作品である。
21日所見。
――25日まで新国立劇場小劇場で上演。

« 焦点・国立劇場の「日本音楽の流れⅠ―筝―」 | トップページ | 文学座「中橋公館」評 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759264/70936904

この記事へのトラックバック一覧です: 地人会新社「これはあなたのもの1943ウクライナ」評:

« 焦点・国立劇場の「日本音楽の流れⅠ―筝―」 | トップページ | 文学座「中橋公館」評 »