« 焦点・猿之助の休演とアンダースタディ | トップページ | 顔見世大歌舞伎評 »

2017年10月19日 (木)

東宝ミュージカル「レディ・ベス」評

<見>東宝が「エリザベート」のコンビ、ミヒャエル・クンツェに脚本・歌詞を、シルヴェスター・リーヴァイに音楽を委嘱、小池修一郎の演出で3年前に初演した作品の再演。
英国女王エリザベス1世(=ベス)が異母姉で前女王のメアリー1世の迫害に耐え25歳で王位に就くまでの、恋と苦難の過程を描く。親しみやすい曲に乗り、初演から大型ミュージカルの風格を漂わせていたが、再演で作品の構図が鮮明に見えてきた。
ベスが家庭教師アスカムの父性愛、養育係アシュリーの母性愛に支えられて試練に耐え、女王として国民のために生きていく決意をするという構図である。
ベスはダブルキャストのうち花總まりを見た。初演より落ち着きが増し、演技に迷いが感じられない。恋か王位かの選択で悩む件は見せ場になり、王位を選んだ後が爽やかである。
今回は山口祐一郎のアスカム。終始抑制を効かせ、作品全体を優しく包んだ。涼風真世のアシュリーが歌唱で元宝塚トップスターの貫禄を示しながら、脇に徹していた。
山崎育三郎が情熱的な恋人ロビン、吉沢梨絵が苛酷なメアリーで好演。
13日所見。
――11月18日まで帝劇で上演。

« 焦点・猿之助の休演とアンダースタディ | トップページ | 顔見世大歌舞伎評 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759264/72008046

この記事へのトラックバック一覧です: 東宝ミュージカル「レディ・ベス」評:

« 焦点・猿之助の休演とアンダースタディ | トップページ | 顔見世大歌舞伎評 »

無料ブログはココログ