« こまつ座「きらめく星座」評 | トップページ | 焦点・舟木一夫の「忠臣蔵」 »

2017年11月12日 (日)

国立劇場十一月歌舞伎評

<見>新歌舞伎の二本立て。
一本目は山本有三の「坂崎出羽守」。孫娘・千姫を救出すれば嫁にやるとの徳川家康の言葉を信じ、炎上する大坂城に飛び込んだ坂崎出羽守の悲劇をつづる。
松緑が祖父・二代目松緑の演出を踏襲して出羽守に挑戦した。台詞の語尾を下げる癖が気になるものの、火傷で醜くなったことや女性に対して不器用なことなどの劣等感に苦しむ様を的確に演じている。暗い役が得意のようである。
梅玉の家康が興味深い。狸親父のイメージからほど遠いサラリーマン社長の如き家康だ。これが出羽守の激高、乱心を際立たせている。
左團次の重みのある金地院祟伝、梅枝の気の強い千姫、亀蔵の要領のいい本多平八郎、橘太郎の忠義な三宅惣兵衛ら周囲も固まり好舞台である。
もう一本は長谷川伸の「沓掛時次郎」。渡世人・沓掛時次郎は一宿一飯の恩義から殺めた三蔵の女房で身重のおきぬとその倅・太郎吉の面倒を看る人情股旅物。
梅玉が時次郎。やくざ者には不向きな役者で、さらりと爽やかに演じている。迫力不足だが。義理人情やおきぬへのほのかな想いが伝わる。
その女房おきぬが魁春。薄幸の女性はこの役者の得意技。おきぬが出産で死んだことを明らかにする場面、魁春は登場しないのに悲しみを漂わせる。
松緑の男気のある三蔵、息子の左近がいじらしい太郎吉で好演。
楽善が八丁徳で親分の貫禄を示した。橘太郎が安兵衛。歌女之丞が安兵衛女房・おろくで安宿の女将の情味を出した。
7日所見。
――26日まで国立劇場大劇場で上演。

« こまつ座「きらめく星座」評 | トップページ | 焦点・舟木一夫の「忠臣蔵」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759264/72201252

この記事へのトラックバック一覧です: 国立劇場十一月歌舞伎評:

« こまつ座「きらめく星座」評 | トップページ | 焦点・舟木一夫の「忠臣蔵」 »

無料ブログはココログ