« 十二月大歌舞伎評 | トップページ | 焦点・竹本駒之助の文化功労者認定を祝う »

2017年12月12日 (火)

国立劇場十二月歌舞伎評

<見>「今様三番三」は白旗で布晒しを見せる華やかな舞踊。雀右衛門の曽我二の宮実は如月姫。優美に「三番叟」を舞った後、平家の大将・忠度の娘であることを明かし、源氏方と凛々しく戦う。品と力がある。襲名してから役者が大きくなっているが、舞踊でもそれを証明している。
歌昇の佐々木行氏、種之助の結城貞光。
芝居は「隅田春妓女容性」、通称「梅の由兵衛」の通し。小梅は亭主・由兵衛に必要な百両の工面を弟の長吉に頼むが、長吉の顔を知らない由兵衛は長吉を殺して自分のために工面してくれた百両を奪う悲劇である。「夏祭浪花鑑」や「双蝶々曲輪日記」「ひらかな盛衰記」が織り込まれれているのも、この作品の持つ面白さのひとつ。ただ、趣向が多くなると味が薄くなる。
吉右衛門の侠客、梅の由兵衛。序幕でしっかり台詞が入っていないのは気になるが。凄惨な殺し場では年齢を感じさせないキビキビした動きを見せる。殺しに至る心の葛藤が秀逸。
菊之助が小梅と長吉の二役。鮮やかに早替わりする。吉右衛門演じる由兵衛の女房として小梅はいささか貫禄不足。その一方、長吉は由兵衛と張り合える存在感を示している。
周囲はお馴染みの顔ぶれだが、役者の器が大きくなっていることを記しておく。
雀右衛門の額の小三に情がある。錦之助が小三と相思相愛の金谷金五郎。立派な二枚目。歌六の源兵衛。肚に一物ある侠客だ。又五郎のどび六は可笑しみある小悪党。
ほかにベテランの味、東蔵の信楽勘十郎。若手、歌昇の延紙長五郎、米吉のお君が若さあふれる好演。
6日所見。
――26日まで国立劇場大劇所で上演。

« 十二月大歌舞伎評 | トップページ | 焦点・竹本駒之助の文化功労者認定を祝う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立劇場十二月歌舞伎評:

« 十二月大歌舞伎評 | トップページ | 焦点・竹本駒之助の文化功労者認定を祝う »

無料ブログはココログ