« 吉例顔見世大歌舞伎評 | トップページ | 焦点・歌舞伎界、五杯の宝船 »

2018年11月12日 (月)

国立劇場十一月歌舞伎評

梅玉を座頭とする通し狂言「名高大岡越前裁」。小坊主・法沢が老婆を殺して徳川将軍ご落胤の証拠の品を奪い、ご落胤になりすまし、天一坊を名乗って将軍家に迫る河竹黙阿弥の大岡物。

梅玉の大岡越前。魁春の妻・小沢。市川右近の一子・忠右衛門。右團次の天一坊。彌十郎の天一坊重臣・山内伊賀亮。

梅玉は持ち味を生かしたソフトでリベラルな大岡。天一坊が偽物であると主張し、一子・忠右衛門と共に窮地に陥る「大岡邸」。探索方から吉報が届かないと切腹するほかないのだ。塩冶判官のように心静かに家臣を待つ梅玉の大岡。

梅玉の静に対して、彦三郎がか感情をストレートに表す家臣・池田大助で場にアクセントを付けた。そして梅玉と共に場を盛り上げたのは葵太夫の竹本である。午後3時直前に語り終えたが、4時半からの歌舞伎座「楼門五三霧」に出演している。感心した。

右團次が純朴な青年から希代の詐欺師に変貌する様をうまく演じている。

(6日)

« 吉例顔見世大歌舞伎評 | トップページ | 焦点・歌舞伎界、五杯の宝船 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立劇場十一月歌舞伎評:

« 吉例顔見世大歌舞伎評 | トップページ | 焦点・歌舞伎界、五杯の宝船 »

無料ブログはココログ