« 團菊祭五月大歌舞伎評 | トップページ | 歌舞伎座六月大歌舞伎評 »

2019年5月20日 (月)

焦点・「十二代目市川團十郎の世界」の旅

五月晴れの加賀路を旅した。

「十二代目市川團十郎の世界」が5月末に出版研究センターから出版されることになり、ゆかりの地を訪ね、取材に協力してくださった方々へのお礼を申し上げるためである。

本書の第一章は以前出版した「家元探訪」の中の市川團十郎さんのインタビュ-部分、第二章は團十郎夫人堀越希実子さんのインタビュー。そして第三章では團十郎さんのあまり知られていないいくつかの活動を紹介している。その中で彼は長年石川県小松市の子供歌舞伎を指導、金沢市の金沢学院大学で客員教授として講義をしていたのだ。

真夏を思わせる強い日差しの11日、小松市は「お旅まつり」で賑わっていた。

まずJR小松駅前にあるこまつ芸術劇場うららを訪ねた。團十郎さんが設計アドバイザーを務めた、花道が設置できる約800席の中劇場である。地元の木材を生かした落ち着いた雰囲気。展示室には團十郎さんの「勧進帳」の舞台写真や押し隈が展示されていた。

午後になると大通りの交差点に作られた特設会場に山車6台が終結、曳山子供歌舞伎が上演された。「碁太平記白石噺」と「恋飛脚大和往来」の名場面。

女子を中心にした小中学生が熱演。けなげでかわいい演技に拍手が集まった。この子たちの先輩を團十郎さんが指導したかと思うと感慨深いものがあった。この日、午後と夜の公演で2万人動員したそうだ。

13日には金沢市郊外の高台にある金沢学院大学を見学した。團十郎さんが平成3年に講義した講堂を見せてもらった。当時この大学は女子大であった。てれながら話す團十郎さんを想像しながらキャンパスを後にした。

旅行中しばしば道や交通機関を尋ねたが、皆さん親切であった。團十郎さんの温かい人柄と重なっているような気がしてならない。(伝統文化新聞にも掲載します)

« 團菊祭五月大歌舞伎評 | トップページ | 歌舞伎座六月大歌舞伎評 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 團菊祭五月大歌舞伎評 | トップページ | 歌舞伎座六月大歌舞伎評 »

無料ブログはココログ