« 歌舞伎座七月大歌舞伎評 | トップページ | 焦点・日本舞踊・市川會の三代襲名 »

2019年7月18日 (木)

焦点・歌舞伎鑑賞教室インスタ4300超え

歌舞伎普及のため、1時間ほどの演目を解説付き、しかも安価で見せる国立劇場(東京・半蔵門)の歌舞伎鑑賞教室が、今年も6月、7月の2か月にわたり上演された。

六月は虎之介らの解説「歌舞伎のみかた」のあと「神霊矢口渡」。鴈治郎が渡し守頓兵衛を熱演。壱太郎のお舟、虎之介の新田義峰が瑞々しく、光った。

7月は新悟と玉太郎の解説。芝居は「車引」と「棒しばり」。松緑が松王丸と次郎冠者で、いずれも主役の任を果たした。坂東亀蔵の梅王丸と太郎冠者、新悟の桜丸。松江の時平と曽根松兵衛いずれも若々しい舞台になった。

ところで歌舞伎鑑賞教室は高校生を対象に国立劇場の開場翌年(昭和42年)から始まり、近年は一般にも一部開放し、この7月公演は第96回目となる。昨年で観客動員600万人を超えたという。

歌舞伎普及に貢献しているのは間違いないが、一昨年6月公演からスマホを使った、正確に言えばスマホを使わせて普及を図る戦術を始めている。

芝居では撮影禁止が普通なのだが、解説の時間に撮影を許可しているのだ。7月も、解説者が「1分間だけ写真を撮っていいですよ」と撮影を許可「#歌舞伎みたよ」とネット上への掲載を要請すると、高校生たちは一斉にスマホを取り出し撮影を始めた。

では、このうちどれほど「♯歌舞伎みたよ」がネット上に掲載されているのか。

手がかりは国立劇場ホームページにある。

トップページのアカウントを見ると、インスタグラム件数は7月18日現在で4350とあった。鑑賞教室以外のも多少あるらしいが、一昨年6月以来の掲載数に近いようだ。

この何倍もの友人がこれを見る可能性がある。インスタグラムのほかツイッターでの発信もある。

歌舞伎上演劇場の周辺にいると歌舞伎ブームのようだが「歌舞伎という言葉は聞いたことがある」程度の認識しかない人も多い。ネット上拡散作戦の成功を期待する。=敬称略

(伝統文化新聞にも掲載します)

« 歌舞伎座七月大歌舞伎評 | トップページ | 焦点・日本舞踊・市川會の三代襲名 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌舞伎座七月大歌舞伎評 | トップページ | 焦点・日本舞踊・市川會の三代襲名 »

無料ブログはココログ