« 高砂会評 | トップページ | 「焦点・稚魚の会・歌舞伎会合同公演 »

2019年8月16日 (金)

八月納涼歌舞伎評

 

八月納涼歌舞伎といえば夏芝居。暑い盛り、大幹部が休んでいる間に若手が大役に挑むというものだが、今年は大看板の玉三郎が出演するなど様変わりになっているようだ。

八月恒例の三部制で、第一部は「先代萩」から。「御殿」で七之助が玉三郎の指導を受け女形の大役・政岡に挑んだ。

栄御前を迎えるあたり貫禄不足を感じるが、全編卒なくこなしている。忠義のために死んだ千松と二人きりで向き合い「でかしゃった」と嘆く件は母親の情があふれる。若手ながら独特の存在感で大役を乗り切った。立女形の道が開けてきたのではないか。

幸四郎がこの場の八汐と次の「床下」の仁木の敵役二役。八汐は予想外にいい。低音がうまく操れるようになったからであろう。無言の仁木も貫禄が付いてきており結構。

七之助の甥の勘太郎が千松、長三郎が鶴千代でかわいさと達者な台詞で受けている。

巳之助が荒獅子男之助で荒事の台詞を無事にこなし、児太郎が沖の井で瑞々しい台詞回し。若手が育っている。

扇雀の栄御前。歌女之丞が道益妻小槙。

重い義太夫物だが、爽快感の残る好舞台になった。

もうひとつの「闇梅百物語」は狸(彌十郎)や河童(種之介)傘(歌昇)、雪女郎(扇雀)ら妖怪変化らが登場する滑稽な物語。幸四郎が読売幸吉実は白狐で出演している。納涼歌舞伎らしい小品。

 

第二部は幸四郎の弥次さん猿之助の喜多さんで恒例になった「東海道中膝栗毛」。一九の原作を杉原邦生が構成。戸部和久が脚本。石川耕士と猿之助が脚本・演出を手掛けている。

過去にはラスベガスや地獄など奇想天外な旅をしたが、4年目の今回は借金取り集団に追われながらのお伊勢参り。本水の立ち回りあり、宙乗りありで、にぎやかにスピーディーに滑稽な旅を続ける。

幸四郎は戸乱武(トランプ?)に、猿之助は風珍(プーチン?)になるなど舞台を走り回る。カマキリなど昆虫の研究で知られる中車が火付け盗賊改め鎌川霧蔵、隼人と新悟が与三郎とお富になり、染五郎と團子が雲助の染松と團市で登場するなど笑いの仕掛けも豊富だ。

 

第三部は「新版雪之丞変化」。土部三斎一味に親と財産を奪われた雪太郎が役者・中村雪之丞となり、敵を討つ。三上於菟吉の原作を日下部太郎が脚本・演出補、玉三郎が演出・補綴した。名場面などの映像と舞台演劇を組み合わせたなど一種の連鎖劇である。今や女形の大御所と言ってもいい玉三郎の旺盛な創作意欲に感心する

その玉三郎は、芸の求道者、そして敵討ちの思いを心に秘めた雪之丞を神妙に演じている。

中車が三斎や狐軒老師、盗賊闇太郎など5役。声に工夫がほしいが健闘している。

七之助の秋空星三郎。やゑ六の秋空鈴虫も好演。

12日、歌舞伎座所見。

 

 

 

« 高砂会評 | トップページ | 「焦点・稚魚の会・歌舞伎会合同公演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高砂会評 | トップページ | 「焦点・稚魚の会・歌舞伎会合同公演 »

無料ブログはココログ