« 八月納涼歌舞伎評 | トップページ | 新橋演舞場・ミュージカル「ペテン師と詐欺師」評 »

2019年8月20日 (火)

「焦点・稚魚の会・歌舞伎会合同公演

25回稚魚の会・歌舞伎会合同公演が8月15日から5日間、東京・半蔵門の国立劇場小劇場で開かれた。

稚魚の会は国立劇場が実施している伝統芸能伝承者養成研修の歌舞伎俳優コースを修了し歌舞伎俳優に入門した俳優の集まり。歌舞伎会は直接、歌舞伎俳優に入門した俳優の集まり。普段、脇役を勤めることの多い両会の人たちが、この日ばかりは大きな役を勤める公演である。

16日の舞台を見た。

幕開きの「一條大蔵譚」は吉兵衛の大蔵長成、春希の常盤御前。松三の鬼次郎、緑のお京。又紫朗の八剱勘解由に春之助の鳴瀬。流れよく筋が運ぶ。

続き「棒しばり」は松悟の次郎冠者、橋吾の太郎冠者、桂太郎の曽根松兵衛。3人とも狂言らしい台詞になっている。

舞踊「三社祭」はやゑ亮の善玉、音蔵の悪玉。同「関三奴」は音幸の奴音平、貴緑の奴貴平。いずれもキビキビして威勢がいい。

最後は「与話情浮名横櫛」。橋三郎の与三郎、好蝶のお富。桂太郎の番頭藤八。緑の下女およし。貴緑の下男権助。彌風の蝙蝠安。橋吾の和泉屋多左衛門。与三郎は名台詞が響き、お富は仇っぽさがある。安に役の性根が入っている。

どの演目も楽しめる。各俳優の歌舞伎への情熱が感じられる舞台であった。

ここで国立劇場の伝統芸能伝承者養成研修

事業に触れておく。昭和40年代から歌舞伎俳優のほか、歌舞伎の竹本、長唄、能楽、文楽など多くの分野で後進を育成している。

歌舞伎俳優では今年4月1日現在、全俳優304人中、研修修了者は99人で3割以上。中でも立ち回りなどに欠かせない名題下クラスは117人中60人と半数以上を占める。

占有率で見ると義太夫狂言に欠かせない竹本の太夫は何と17人中16人で9割以上。

その頂点にいる3期生竹本葵太夫はこのほど人間国宝に認定された。養成研修修了者では初めてだそうだ。=敬称略

 

« 八月納涼歌舞伎評 | トップページ | 新橋演舞場・ミュージカル「ペテン師と詐欺師」評 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八月納涼歌舞伎評 | トップページ | 新橋演舞場・ミュージカル「ペテン師と詐欺師」評 »

無料ブログはココログ