« 歌舞伎座・秀山祭九月大歌舞伎評 | トップページ | 国立劇場10月歌舞伎「天竺徳兵衛韓噺」評 »

2019年9月15日 (日)

東宝ミュージカル「リトル・ウィメン〰若草物語」評

オルコットの名作「若草物語」を原作にしたブロードウェーのミュージカルを小山ゆうなの翻訳、小林香の演出・訳詞で上演した。歌唱力のある出演者が揃い、リズミカルで心温まる作品になった。

アメリカ南北戦争に従軍しているため父不在のマーチ家四姉妹メグ(彩乃かなみ)、ジョー(朝夏まなと)、ベス(井上小百合)、エイミー(下村実生)の絆を描く物語だが、本作は作家志望のジョーが男性優位の社会を打破する女性に描かれ、感動的であるだけでなく現代的で痛快である。

朝夏は勝気で竹を割ったような性格のジョーを造形、舞台を牽引している。

ベテランの共演陣も光った。

マーチおばさんとカーク夫人の久野綾希子、ローレンスの村井國夫、お母さまの香寿たつきが存在感を示した。

ローリーに林翔太、ベア教授に宮原浩暢、ジョン・ブルックの川久保拓司。

シアターコクーン。12日所見。

« 歌舞伎座・秀山祭九月大歌舞伎評 | トップページ | 国立劇場10月歌舞伎「天竺徳兵衛韓噺」評 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌舞伎座・秀山祭九月大歌舞伎評 | トップページ | 国立劇場10月歌舞伎「天竺徳兵衛韓噺」評 »

無料ブログはココログ