« 11月歌舞伎「孤高勇士嬢景清」評 | トップページ | 国立劇場12月歌舞伎評 »

2019年12月 8日 (日)

十二月大歌舞伎評

昼の部は大佛次郎の「たぬき」から。演出は石川耕士。

飲み過ぎて仮死状態となった柏屋金兵衛(中車)は火葬寸前に息を吹き返し、甲州屋長蔵と名乗り新しい人生を始めるが幼い息子に見破られる。

中車は息子と出会うラストで親の情をうまく出している。

彦三郎の太鼓持蝶吉。物語を進める重要な役である。襲名以降、低音の効いた迫力ある声で存在感を高めている俳優なので太鼓持ちとゆう柔らかい役をどう演じるか期待したが、まだ工夫の余地がある。

市蔵が多吉でいい味を出した。

児太郎の妾お染。

清元舞踊「保名」。玉三郎が恋に身を焦がした安倍保名を華やかに踊る。

昼の部の最後は「阿古屋」。源氏方の秩父庄司重忠に平景清の逃亡先を白状せよと迫られた愛人の遊君阿古屋は琴、三味線、胡弓を心静かに奏で、身の潔白を証明する。長年、歌右衛門と玉三郎しか演じてこなかった女形の大役を昨年12月に歌舞伎座で玉三郎が若手の梅枝と児太郎に伝承、3人で交互出演した。今回はその再演。伝承を加速させる貴重な公演である。今年は梅枝(4日)と児太郎(6日)を見た。昨年も拝見した梅枝は三曲に安定感が増したようだ。初めて見る児太郎は台詞にも三曲にも初々しさがあった。好企画である。

もう一つこの企画で成功しているのは彦三郎を重忠に起用したことだ。低音の口跡がよく立派な捌き役になりそうだ。

九團次の岩永左衛門。

 

夜の部は「神霊矢口渡」から。松緑の渡し守頓兵衛、梅枝のお舟。松緑にはまだ老けの敵役は気の毒のようだ。梅枝が一目ぼれした男を一途に思う娘心を好演している。

坂東亀蔵の新田義峯、児太郎の傾城うてな。

最後はグリム童話「白雪姫」を日本の天正時代に翻案した新作「本朝白雪姫譚話」。玉三郎の発案だそうで、竹柴潤一脚本、玉三郎補綴・衣装考証、花柳壽應・壽輔演出・振付。

玉三郎が白雪姫。美しい声で16歳の姫君になりきり、白雪のような清純さを出している。

驚くべき活躍をしたのは児太郎。「鏡よ鏡」と世界一の美女はだれかと問い、白雪姫を毒りんごで殺す母親の野分の前を熱演、主役のような大働きをしている。童話では白雪姫の美貌に嫉妬し老婆に化けて姫を殺すのは継母だが、ここでは実母。現代の子殺しに通じる迫力がある。(童話でも古くは実母バージョンもあったそうだが)

梅枝が鏡の中の娘。野分の前を諭すように答える。

獅童が野分の前の魔の手から姫を逃れさせる郷村新吾。歌之助が姫と結ばれる輝陽の皇子。彦三郎が従者晴之進。

姫を匿う7人の妖精は子役が勤めているが、水準の高い歌唱力で聴かせる。

今月一番楽しめるのはこの演目。

歌舞伎は伝統を守る一方、次々と新趣向を導入することで活力を再生産してきたが、これもそのひとつであろう。

4,6日、歌舞伎座、所見。

« 11月歌舞伎「孤高勇士嬢景清」評 | トップページ | 国立劇場12月歌舞伎評 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月歌舞伎「孤高勇士嬢景清」評 | トップページ | 国立劇場12月歌舞伎評 »

無料ブログはココログ