« 歌舞伎座・二月大歌舞伎評 | トップページ

2020年2月11日 (火)

東宝「天保十二年のシェイクスピア」評

シェイクスピアの作品群を幕末天保年間の下総国に翻案した井上ひさしの力作。角書に「絢爛豪華 祝祭音楽劇」とある。歌唱力の高い出演者が多く、ミュージカルと言っていいだろう。宮川彬良音楽、藤田俊太郎演出。

下総で二軒の旅籠を持つ鰤の十兵衛(辻萬長)は三人の娘、長女・お文(樹里咲稔)、次女・お里(土井ケイト)、三女・お光(唯月ふうか)のうち孝心厚い二人に旅籠を譲ろうとするが、口のうまい長女、次女にやってしまい悲劇が始まる。これは「リア王」だが、長女、次女はやくざの女房になり、やくざの抗争に。「マクベス」「リチャード三世」「ハムレト」「オセロ」「ロミオとジュリエット」などシェイクスピア戯曲の登場人物と思しき人物が次々現れる。例えば佐渡の三世次(高橋一生)はリチャード三世、きじるしの王次(浦井健治)はハムレットといった具合。ハイテンションで歌い、笑わせ三時間余りを全く飽きさせずに見せる。

狂言回しの木場勝己、魔女を義太夫調で語った梅沢昌代がベテランの味。

シェイクスピアが描く西洋中世支配層の喜劇や悲劇を幕末のやくざの争いに移し替え、農民蜂起につなげていくのは井上の面目躍如というところか。

10日、日生劇場所見。

 

« 歌舞伎座・二月大歌舞伎評 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌舞伎座・二月大歌舞伎評 | トップページ

無料ブログはココログ